本文へスキップ
HOME 業務内容 会社概要 契約概要 問い合わせ・アクセス 採用案内 リンク
契約概要
警備業務ご依頼の前に下記の警備業務締結前内容説明書面の確認をお願いいたします

ご不明の点がございましたら発注前にご連絡頂けますようよろしくお願いいたします

株式会社大協警備保障    〒456−0034 愛知県名古屋市熱田区伝馬1−7−9

電話番号 052−682−0080    E-mail(daikyo@daikyo-g.co.jp)まで


警備業務締結前内容説明書面(必要によりプリントアウトして下さい)


施設警備業務(警備業法第19条、施行規則第33条第1号)
警備業者の氏名又は名称、住所及び電話番号並び法人にあっては代表者の氏名  株式会社 大協警備保障
 代表取締役 青木靖高
 名古屋市熱田区伝馬1丁目7番9号 電話番号052−682−0080 
警備業務を行う期間  お客様のご依頼により決定します 
警備業務を行う日及び時間帯   警備業務を行う期間内でお客様と協議の上決定します 
警備業務対象施設の名称及び所在地   お客様ご依頼の施設の名称とその所在地 
警備員の人数及び担当業務  人数はお客様と協議の上決定します、担当業務は施設警備業務です詳細は協議のうえ決定します 
警備員が有する知識及び技能   施設警備業務2級検定合格警備員又はそれに準ずる知識及び技能を有するもの 
警備員が用いる服装    弊社所定の制服
使用する機器又は各種資機材   警備業務の目的実現に適したものを選定し使用します 
鍵の管理に関する事項   お客様と協議の上管理の方法等について決定します 
盗難等の事故発生時の措置   「警備指令書」に基づき処置を行うとともに、「緊急連絡先一覧表」に基づき必要な連絡を行う 
報告の方法、頻度及び時期その他依頼者への報告  毎日、警備業務終了後に「警備報告書」を作成し提出します 
警備料金・その他の費用   事前にお見積書を提出します 
上欄の金銭の支払の時期及び方法   お客様と協議の上決定します 
警備業務の再委託に関する事項   他の警備業者に再委託はせず、すべての警備業務を弊社にて行います 
免責に関する事項  ・ 天災地変その他弊社の責めに帰さない損害
・ 弊社から改善要請を行ったにもかかわらず、是正されなかったために発生した損害
・ ご依頼先の従業員又は関係者の瑕疵もしくは管理上の原因にて発生した損害 
損害賠償の範囲、損害賠償額その他の損害賠償に関する事項  弊社加入の賠償責任に基づき、対人10億、対物1億を限度として過失の割合に応じて支払います  
契約の更新及び変更に関する事項   契約期間満了の前に、お客様又は弊社から文書その他による特段の意思表示がないときは、同一条件を持って1年延長し、その後も同様とします。契約の変更のある場合はその都度協議して決定する  
契約の解除に関する事項  ・ 天災地変、その他弊社が警備業務を継続できない状況に至ったとき
・ 警備料金が支払予定日を過ぎても支払われなかったとき
警備業に関する苦情の受付窓口   弊社、警備業務部長 小里  電話番号052−682−0080   
特約事項   必要によりお客様と協議の上定義します 








    

交通雑踏警備業務(警備業法第19条、施行規則第33条第2号)
警備業者の氏名又は名称、住所及び電話番号並び法人にあっては代表者の氏名  株式会社 大協警備保障
 代表取締役 青木靖高
 名古屋市熱田区伝馬1丁目7番9号 電話番号052−682−0080 
警備業務を行う期間  お客様のご依頼により決定します 
警備業務を行う日及び時間帯   警備業務を行う期間内でお客様と協議の上決定します 
警備業務を行おうとする場所   お客様ご依頼の業務の行われる場所 
警備員の人数及び担当業務  人数はお客様と協議の上決定します、担当業務は交通誘導警備業務です詳細は協議のうえ決定します 
警備員が有する知識及び技能   交通誘導警備業務2級検定合格警備員・雑踏警備業務2級検定合格警備員又はそれに準ずる知識及び技能を有するもの 
警備員が用いる服装    弊社所定の制服
使用する機器又は各種資機材   警備業務の目的実現に適したものを選定し使用します 
負傷等の事故発生時の措置   「警備指令書」に基づき処置を行うとともに、「緊急連絡先一覧表」に基づき必要な連絡を行う 
報告の方法、頻度及び時期その他依頼者への報告  毎日、警備業務終了後に「警備報告書」を作成し提出します 
警備料金・その他の費用   事前にお見積書を提出します 
上欄の金銭の支払の時期及び方法   お客様と協議の上決定します 
警備業務の再委託に関する事項   ご依頼の警備業務に関し、人員不足等の理由により弊社と提携する警備会社へ再委託する場合は予め協議の上行います。その場合下請警備会社の警備員への指揮命令権及び監督責任はすべて下請警備会社に帰属し、弊社は一切これを有しません。又、下請警備会社の警備範囲で発生した警備事故で下請警備会社の帰すべきものについては、その処理及び賠償は下請警備会社が行うものとします。
 ご依頼先が警備会社の場合の警備業務は弊社が行います。 
免責に関する事項  ・ 天災地変その他弊社の責めに帰さない損害
・ 弊社から改善要請を行ったにもかかわらず、是正されなかったために発生した損害
・ ご依頼先の従業員又は関係者の瑕疵もしくは管理上の原因にて発生した損害 
損害賠償の範囲、損害賠償額その他の損害賠償に関する事項  弊社加入の賠償責任に基づき、対人10億、対物1億を限度として過失の割合に応じて支払います  
契約の更新及び変更に関する事項   契約期間満了の前に、お客様又は弊社から文書その他による特段の意思表示がないときは、同一条件を持って1年延長し、その後も同様とします。契約の変更のある場合はその都度協議して決定する  
契約の解除に関する事項  ・ 天災地変、その他弊社が警備業務を継続できない状況に至ったとき
・ 警備料金が支払予定日を過ぎても支払われなかったとき
警備業に関する苦情の受付窓口   弊社、警備業務部長 小里  電話番号052−682−0080   
特約事項   必要によりお客様と協議の上定義します 





契約締結前書面